弁護士でなくても知りたい詐欺罪という刑事事件

弁護士でなくても知りたい詐欺罪という刑事事件

判例紹介

●処分行為

ここで近時の詐欺の判例をご紹介しましょう。最高裁平成26年3月28日判決です。

事例の概要

暴力団関係者の利用を拒絶しているゴルフ場において暴力団関係者であることを申告せずに施設利用を申し込む行為が、詐欺罪にいう人を欺く行為に当たるか問題となった。


裁判要旨

暴力団関係者の利用を拒絶しているゴルフ場において、暴力団関係者であるビジター利用客が、暴力団関係者であることを申告せずに、一般の利用客と同様に、氏名等を偽りなく記入した受付表等を提出して施設利用を申し込む行為は、ゴルフ場の従業員から暴力団関係者でないことを確認されなかったなどの本件事実関係の下では、申込者が当然に暴力団関係者でないことまで表しているとは認められず、詐欺罪にいう人を欺く行為には当たらない。


コメント

暴力団の取締は近年著しく厳しいものになっています。商店街をはじめ、ホテルやゴルフ場と言ったレジャー施設までもが、暴力団とのかかわりがある場合には利用を拒否するようになっています。そのような状況下で出されたのがこの判例です。実はほぼ同じ時期に、同じような事例で別の最高裁判決が出ており、そちらでは詐欺罪の成立が認められています。判断の相違を生み出したのは、各ゴルフ場においてどれだけ積極的に暴力団との関わりを確認したか、という点だったようです。

このページのTOPへ